『七宝焼き(しっぽうやき)』とは、金・銀・銅などの金属製の下地の上に、ガラス質の釉薬をのせて、800度前後で焼成する伝統工芸技法のひとつです。

 

 その優美な色彩と光沢から、仏教典で七種の宝石(金・銀・瑠璃・玻璃・珊瑚・瑪瑙・しゃこ)にたとえられて日本では七宝と称され、世界中の人達から愛好されています。

 

 紀元前の中近東で技法が生まれ、シルクロードを通って、中国に伝わり、さらい日本にも伝わったというのが通説です。


 

色褪せない七宝焼き・・・

釉薬を銅板や銀板にのせて数分焼き、炉から取り出したその製品は世界でただ一つのオリジナル

 

七宝焼きの魅力は、初心者が楽しめるものから、熟練の匠が必要な高度な技法まであり、飽きのこない奥の深さ。

 

そして、個人個人の表現力や好みの技法によって、個性あふれる作品を作ることが出来ることです。